愛用歴12年の私がおすすめする「キャンドル」15選

著者:
投稿日:
更新日:

こんばんわ〜♪ちぃです。

コロナからそろそろ解放されたいですね。みなさんストレス発散できていますか?

私は、以前からちょっと一息つきたい時はキャンドルを灯しています。

使っているのでススがついていて汚いですが。

色も香りも炎の出かたや消え方など色々自分で考えて選ぶのも面白いですし、選んだキャンドルが届いて明かりを灯した時にとても嬉しいですよ〜。

キャンドルには特別な癒し効果がある

キャンドルの癒しの秘密
  • 「1/fの揺らぎ」川のせせらぎ、鳥のさえずりなど自然界に存在する規則的とも、不規則とも言えない揺らぎが炎をみるだけでリラックス効果を生む。
  • 「炎の色」オレンジと赤のコントラストの色には穏やかな気持ちにさせる効果がある。
  • 「香り」蝋の淡い香りや自分の好きなアロマの匂いでリラックス効果。

キャンドルだけではなく、焚き火の炎を見るとなぜか瞬きを忘れてボーッとリラックスできますよね。焚き火は炎だけでなく、パチパチ音にも「1/fの効果」があるようです。

キャンドルの芯を木製芯にするとより、リラックス効果が得られそうですね。

キャンドルの大きな種類(ワックスによって異なる部分があります)

ワックス(蝋)によって①燃え方・消え方②香り③安全性 の3つの点で異なります。それぞれメリット・デメリットがあるのでその③点をご紹介します。

キャンドルのワックス部分に注目してみよう

ソイワックス

①低温でゆっくり燃える。消える時に煙やススが出にくい。

②火を灯すと溶けるのが早い(40度辺り)ので香りの広がりが良い。

③ソイ100%は有害物質を含まないので安心。

蜜蝋

①60度程度が融点で溶けにくく、ゆっくりと燃焼する。

②芳香性があり、ほのかな甘い香りがする

③蜜蝋100%は有害物質を含まない。

石油系パラフィンワックス

①作りやすい。精製の方法によって融点を変えられる。黒い煙が出やすい。着色しやすい。

②香りを保つ性質にも優れ、アロマキャンドルなどにも多く使用される。

③石油が原料となっていため、トルエンやベンゼンなど有害な物質が発生することがある。精製の仕方次第で極少量なので安全ともされている。

キャンドルの芯にもこだわりを

平芯(H芯)

木綿を漂白したもの。まっすぐ燃えやすい。

丸芯(D芯)

炎の強い方に傾きやすく、溶ける箇所に偏りがでる。

木製芯(ウッドウィック)

火を灯すと暖炉のようにパチパチと心地い音がでる。木製の芯で火の揺らめきが不規則。

種類別おすすめのキャンドル

ソイワックス100%使用のおすすめキャンドル

植物由来のソイワックスは、燃えれば燃えるほど空気清浄の効果があるみたいです。

蜜蝋100%使用のおすすめキャンドル

蜜蝋は天然のもので、ハチさんが作るのでなかなか価値のあるものになります。特に国産ミツバチの蜜蝋は手に入りにくいです。

パラフィンワックスを含むキャンドル

パラフィンワックスは色や香りを入れやすいので見栄えや香りの種類が選べますね。

音も楽しめるウッドウィック使用のキャンドル

キャンドルホルダーでさらに可愛く。

キャンドルそのものの揺らぎと、キャンドルホルダーの形によって灯りの出方が変わるのでより楽しめます。

キャンドルを灯すと時間が忘れられ、心地よく癒されます。

天然精油のラベンダー使用、ソイワックスとパラフィンワックスが混合、国産コットン芯を選びました。

こちらは色で選びましたw パラフィンワックス・無香料です。

沖縄からきて、海と青い空が恋しくなったのでこのキャンドルにしました。

眠りやすいかなぁと思ってラベンダーの香りもチョイスしましたよ〜。


みなさんも好きな色や香りとワックスの種類やさらに、芯も自分好みに選んで明かりを灯してみてください。ボーッとできて癒されること間違いなし❗️

著者プロフィール
ちぃ

10年目看護師→現在休憩中
沖縄→2021年に埼玉へ引越し
現在妊娠中で自宅管理人をしているちぃです。
産後はダイエットに励んだり、ゆくゆくは看護師復帰予定。
看護師、主婦目線での記事が中心の予定ですが、チャレンジ精神豊富なのでいろいろ書きたい♪