Amazonでお買い物する際のお助け支援サイト

検索

キャンプフェスの暑い季節がやって来た!フェスにあると便利なキャンプアイテム5選!

著者:
投稿日:

前回、フェスに持って行くと便利なアイテム・ギアを紹介していきました。


↓フェスに持って行くと便利なアイテム・ギア↓

今回もフェスに持って行くと便利なおすすめアイテム・ギアを紹介していこうと思います!


キャンプとは装備が違うので、フェスに行く際には注意が必要です。


火気厳禁や缶・ビンは持ち込み禁止だったりと約束事が多く、規約を確認してから装備を用意しましょう!

KingCamp アウトドア テーブル

KingCampは、中国のアウトドアブランドで、まだ日本ではあまり知名度が無いブランドです。


KingCamp アウトドア テーブルは、軽量でコンパクトになるローテーブルです。


フェスでは、ほとんど外で過ごすことが多い為、テーブルを使うことはあまりないのですがテント内でモノを置くときや夜食を食べるという時にあるだけでなにかと便利なギアの1つと言えます!


テント内で利用することが多いテーブルなので、ソロ参戦するという人ならばなるべくコンパクトなローテーブルをおすすめします。


組み立てに多少コツが要りますが、コツさえつかめば暗い中でも簡単に組み立てることができるんです。


素材には、アルミ合金・ステンレスを使用しているので、軽量や高い強度に優れています。


安定性もあるので、前室だけではなくテント内でも安心して使うことができそうなミニテーブルです!

KingCamp アウトドア テーブル
  • 収納サイズ:(W39㎝xD15㎝xH3㎝)
  • 組み立て時:(W35cmxD25㎝xH10cm)
  • 重量: 0.45g
  • 素材:アルミ合金・ステンレス
  • 耐荷重:10Kg
  • 料金:1,780円

Helinox アウトドアチェア

Helinoxは、DACというポールアウトドアメーカーが展開したチェアブランドなのですが、今現在は別ブランドとして独立しています。


Helinox アウトドアチェアは、コンパクトになる世界中で人気のチェアです。


フェスでは、基本立ちっぱなしですが、疲れたらチェアに座って休んだり、食事をしたりとあると便利なギアとなっています。


大きなColemanやCAPTAIN STAGのチェアもいいですが、身軽に動きたいフェスには向いていません。


しかし、Helinoxのチェアはモデルによりますが、コンパクトで軽量なものが多いので、フェスに向いていると言えます。


“TH72M”というHelinoxオリジナルのポールが使われており、穎脱の強度と軽量性に優れています。


無理な荷重をかけなければ、長く使っていけるチェアなので長期的に見るとコスパの良いチェアです!

Helinox アウトドアチェア
  • 収納サイズ:(W35㎝xD10㎝xH12㎝)
  • 組み立て時:(W52cmxD50㎝xH66cm)
  • 重量: 960g
  • 耐荷重:145Kg
  • 料金:13,200円

mont-bell 防水バッグ

mont-bellは、日本で生まれたアウトドアブランドで、世界的にも人気の登山用ブランドです。


mont-bell 防水バッグは、高い防水性を備えているポーチのような小物入れです。


フェスでは、ほとんどの場所が深い山の中にあるため、簡単にATMなどでお金をおろすということができないんです。


なので、まとまったお金を持って行ったり、ICカードに入れておくなどの工夫をしなければなりません。

kemuri

財布を持って行くと知らない間に盗まれる可能性があるため、おすすめはしません!!

また、いざという時の保険証もコピーで持って行くとさらに安心できます。


しかし、紙で持っていると雨が降った時に困りますが、mont-bell 防水バッグに入れておくことで濡れず・安全に保管しておくことができるのでおすすめです。


貴重品はまとめてこのバックへ入れて肌身離さず持っておくと安心ですよ!

mont-bell 防水バッグ
  • サイズ:(W12㎝xD19㎝)
  • 素材:420デニール・ナイロン[TPUラミネート
  • 重量: 29g
  • 料金:2,840円

]

serefeshop 布ガーランド

serefeshopは、個人経営のガートランド専門のショップです。


serefeshop 布ガーランドは、1つ1つハンドメイドでテントサイトをかわいらしく飾ってくれるアイテムです。


普段のキャンプからガーラントやサイト装飾をしている人もいると思いますが、私もですが、ほとんどの人は装飾等はせず過ごす人も多いと思います。


ですが、フェスには同じテントを使っている人も少なくないため、場所を確認して覚えていても周りにテントが張られたり・夜間はサイトの雰囲気がガラッと変わるので場所がわからなくなることもあるんです!

kemuri

Colemanやsnowpeak・DODはとんでもない数あるので、見分けるのは不可能に近いです…

そんな時におすすめのアイテムがガーラントや装飾品で、自分だけのテントを作ることで間違いなく見つけることができます。


このガーラントは、布製で決して耐久力は高くありませんが、お手頃な値段とデザインの豊富さに惹かれて私はフェスで実際に使っているアイテムです。


可愛くなってしまいがちなガーラントですが、暗めのカラーの組み合わせもあるので男性でも安心して使うことができそうですよ!

serefeshop 布ガーランド
  • サイズ:290㎝
  • 素材:チノクロス(フラッグ), コットン(紐)
  • フラッグの枚数: 9枚または15枚
  • 重量: 100g
  • 料金:1,380円

BeeNesting 防水ドライバック

BeeNestingは、会社概要が出ませんでした。


BeeNesting 防水ドライバックは、完全防水のバックで様々な用途で使用することができます。


キャンプでもそうですが、下着等の着替えは必要不可欠ですよね?


キャンプならば平地なので天気予報を見ればある程度の天気が読めるのですがフェスは山奥で開催されるため天気が安定しないことがほとんどなので荷物が濡れたりしてしまいます。


そんな時、このドライバックがあると便利なんです!


完全防水なので、濡れないのは勿論ですが必要のない時は小さく畳んでおくことができるので場所も取りません。


用途は様々で、濡れたくない着替えを入れたり・逆に濡れたポンチョを入れたり・撤退時の濡れたテントを入れたりと何かと便利です。


持っておいて損はないアイテムと言えます!

BeeNesting 防水ドライバック
  • サイズ:2L:19.5x26.5cm/4L:23x35cm/8L:28.5x47cm
  • 素材:ナイロン
  • 重量: 170g
  • 料金:2,980円

まとめ

いかがでしたか?


今回は、フェスに持って行くと便利なおすすめアイテム・ギアを紹介してきました。


キャンプと環境が違うので、持って行くものも多少違くなります。


しかし、普段のキャンプに持っていても損はないようなアイテムばかりなので、無駄な買い物にはならないはずです!


今年の夏は、キャンプフェスに行ってみてはいかがでしょうか?

著者プロフィール
kemuri