Amazonでお買い物する際のお助け支援サイト

検索

キャンプとは装備が違う?フェスに持って行くと便利なアイテム・ギア5選!

著者:
投稿日:

今年は、緊急事態宣言がない夏になりそうですが、みなさんは何か予定はありますか?


もう詳細が出ている所もありますが、今年は様々なところで夏イベントが多く開催されるようです。


私もいくつか参加しますが、そのほとんどがフェスで、フジロックやNAC・朝霧JAM等フェスキャンプが多くあります!


今回は、そんなフェスキャンにおすすめのアイテムを紹介していこうと思います。


普段のキャンプのノリで行ってしまうと使えないギアがあったり、無駄なギアがあったりするので荷物を減らして快適なフェスキャンを楽しみましょう!

STINBELL インナーシュラフ

STINBELLは、調べても会社概要が出ませんでした。


STINBELL インナーシュラフは、シュラフの中に入れて使うコンパクトなシュラフです。


正直夏フェスは、夜でも暑いので夏用のシュラフも要らない気がします。

kemuri

あくまでも個人的な意見なので、参考程度にしてください!

しかし、朝方になると寒く感じることがあるので、何も持って行かないのは心もとない為、このインナーシュラフを持って行くようにしています。


普通のシュラフは夏用でもそれなりに荷物になると思いますが、このインナーシュラフはかなりコンパクトなので気軽に持って行くことができるんです。


薄いブランケットのような肌障りで、かゆくなったりすることもありません。


また、洗濯機で丸洗いすることもでき、低温ならば乾燥機をかけることもできるので衛生面も安心です!

STINBELL インナーシュラフ
  • タイプ:封筒型
  • 収納サイズ:(W20㎝xD25㎝)
  • 設営時:(W75cmxH210cm)
  • 重量: 390g
  • 素材:ポリエステル100%
  • 定員:1人
  • 料金:2,100円

Naturehike エアーマット

Naturehikeは、中国で生まれたアウトドアブランドでコスパが良く初心者におすすめのブランドです。


Naturehike エアーマットは、厚さが5㎝あるエアマットで地面の凸凹から体を守ってくれます。


今まで、キャンプで寝る時はコットがおすすめの感じを出してきましたが、重さと収納サイズを考えるとフェスキャンでは、エアマットで十分です。


勿論、設営場所にもよると思いますが、フェスキャンで砂利等のサイトはあまりないと思います。


芝生や固めの地面のところばかりなので、エアマットでクッション性さえあれば十分安眠できるんです。


バルブが2個あり自動膨張機能が付いているので、バルブを開いて置いておくだけですぐに膨らんでくれるので、楽々利用ができます!

Naturehike エアーマット
  • タイプ:エアマット
  • 収納サイズ:(W19㎝xD33㎝)
  • 設営時:(W200cmxD63cmxH5cm)
  • 重量: 1.85Kg
  • 素材:190T春亜紡PVC・19倍高弾性スポンジ
  • 定員:1人
  • 料金:5,590円

Beszing LEDランタン

Beszingは、検索しても会社概要が出ませんでした。


LEDランタンは、以前も紹介したことのあるアイテムですが、本当におすすめなので紹介させてください!

↓以前の紹介ページ↓

フェスは1泊2日と短い期間のものもありますが、大型のフェスになると2.3泊は当たり前になってきます。


そんな時に必要不可欠なのがライトです。


このBeszingのLEDライトは、3泊くらいなら余裕でもってくれるバッテリーがあるため、Amazonの中でも有名なLEDライトとなっています。


3色切替+SOSと切り替えができ、サイトの雰囲気に合わせて切り替えることができ、フェスで疲れた夜にもぴったりです。


5200mAhの大容量バッテリーとしても使え、スマホやタブレットなどの充電もすることができます。


明るすぎず・暗すぎずサブランタンとして使うのにぴったりのLEDライトです!

Beszing LEDライト
  • タイプ:充電式
  • 大きさ:(W8.4cmxD8.4cmxH7cm)
  • 重量: 194g
  • 連続点灯時間:255時間(最弱輝度)
  • 料金:2,378円

SEA TO SUMMIT トラベリングライト カードキー

SEA TO SUMMITは、オーストラリアに所在地があるアウトドアブランドです。


SEA TO SUMMIT トラベリングライト カードキーは、テントで防犯の為に使うカギです。


テントにかけるカギは、いくつか種類があると思うのですが、南京錠の小さなカギは無くしやすく・ナンバー錠は時間をかければ解くことができてしまうので、長い時間テントを空けるフェスは安全100%とは言えません。


ですが、このカギはカードで開ける式のカギなので、無くしづらくカード以外では間違っても開くことはありません。


カードも大小と2種類あるため、用途に合わせて使い替えることができるので便利なんです。


勿論1つ1つカードの形は違うので、同じ商品を購入しても他のカギは開かないので安心してくださいね!

SEA TO SUMMIT トラベリングライト カードキー
  • タイプ:カード式
  • 大きさ:(W7.2cmxD4cmxH1.7cm)
  • 重量: 36g
  • 素材:金属
  • 料金:1,980円

SIXSPACE マリンシューズ

SIXSPACEは、検索しても会社概要が出ませんでした。


SIXSPACE マリンシューズは、コンパクトに持ち運ぶことができるシューズです。


フェスの場合、場所によりますが日中はレインシューズでいることがほとんどなので、レインシューズだけだとテント内での脱ぎ履きが大変なことになります。


夜に炊事場を利用したり気分で外へ出たり・トイレを利用したり…と意外と外へ出ることは多いので、簡単に脱ぎ着できる簡易的な靴を用意しておくと気軽に外へ出ることができるので便利です。


マリンシューズと言っても水陸両用なので、陸でも安心して利用することができます。


サンダルの方がコンパクトでいいと思われがちですが、どこにどんな虫やモノが落ちているかわからないため、個人的には足を覆える靴を推薦したいです!

SIXSPACE マリンシューズ
  • サイズ:(22.0cm~28.5cm)
  • 重量: 240g
  • 素材:ポリエステル・エアー ファブリック
  • 料金:2,209円
-----୨୧-----୨୧-----୨୧-----‎

まとめ

いかがでしたか?


今回は、フェスにおすすめのアイテムを紹介していきました。


場所やフェスによりますが、火気厳禁や治安が良くなかったりとフェスによって装備は変えなければなりませんが、それはそれでギアやアイテムを見るいい機会になるので楽しいですよ!


今年は、約束を守りながらフェスにバンバン参戦しましょう!

著者プロフィール
kemuri