2021年 TV「TOKIOカケル」で紹介されたの花火を厳選。夏気分を味わいたい

著者:
投稿日:
更新日:

夏気分を味わいたいけど、今年は自粛ムードがまだまだ続きます。縁日の花火の火薬の匂いと、甘辛い焼き鳥、たこ焼きやお好み焼きの匂いが混ざった雰囲気味わいたいですよね。

TV「TOKIOカケル」で紹介の花火 松坂桃李ゲスト 花火で夏気分

松坂桃李くんから「花火がしたい」とまさかのスタジオ内でみんなで花火。

私もしたくなりました〜。

スタジオで使われた花火4選。

どれもやったことのない花火ばかりで興味津々。子供も笑って喜びそうな花火もあります。

匂いしたらやだな〜。風船が徐々に膨らむのを見ているとドキドキ。

バネがついていて、ボヨンボヨンしながらタコ踊りしていました♪

地元によってうんち花火、ヘビ花火と名称変わりますよね。それも話のネタになって楽しい。

これスタジオでやっていましたよw。

まだまだ夏は終わらない本格花火〜変わり種花火まで 厳選3選

打ち上げ花火は綺麗でインパクト大。夏の思い出になること間違えなし。

本格打ち上げ花火でワイワイ楽しむ

手持ち花火

円を書いて写真を撮ったり、エモい雰囲気でますね。

線香花火 音が小さくて気軽にできる

夏の花火の代名詞、線香花火。音も小さく煙も少ないので気軽にできていいですよね。

線香花火は一生の儚さを表現している
  • 起 「牡丹」着火してふっくらとする場面は命の誕生
  • 承 「松葉」弾けるようにパチパチし始める 元気な成人
  • 転 「柳」音が小さくなってくる 少し角が取れる50代
  • 結 「散り菊」菊の花のように散り 燃え尽きる 人生の終焉

線香花火をする人の年齢によって感じる儚さも違うかもしれません。そんなことを感じながら、見ると違う儚さをより一層感じることができますね。

子供が大喜び、笑って楽しい変わった花火

ぬいぐるみが飛び出すものもあるなんて。時代の変化について行けてませんでした。

瓶ラムネでシュワシュワ夏気分

花火をしながら水分補給に瓶ラムネなんてどうですか。一気に気分が高揚しますよね。

2021年夏、縁日気分を味わいましょ

昔は家の前で花火をしていましたが、今は禁止が多くなりましたね。自粛モードでお祭りもないので縁日気分を味わうのって難しいですね。匂いって記憶に残りますよね。

こんな時だけどいい思い出も残したい。


お家で焼き鳥なんかして5本くらいカップに入れて、花火をして、ラムネで水分補給をして・・・。

お家で夏の思い出。ちょっと気軽に縁日気分楽しんじゃえ♪

著者プロフィール
ちぃ

10年目看護師→現在休憩中
沖縄→2021年に埼玉へ引越し
現在妊娠中で自宅管理人をしているちぃです。
産後はダイエットに励んだり、ゆくゆくは看護師復帰予定。
看護師、主婦目線での記事が中心の予定ですが、チャレンジ精神豊富なのでいろいろ書きたい♪