Amazonでお買い物する際のお助け支援サイト

検索

海外では人気?所在は不明だけど口コミが高いブランドKAZOOのおすすめなテント4選

著者:
投稿日:

皆さんは、KAZOOというテントブランドを知っていますか?


ネットでの評判や詳細が少なく、所在を突き止めることが難しいのですが、実際にテントを購入した際に付いてきたタグを見て紹介します。


KAZOOは、所在地は不明ですが、誠実・情熱・革新・信頼性の価値に基づいて設立されたKAZOOはアウトドアテントの高品質製品の探求を止めたことはありません。との記載があり、品質には問題のないブランドです。


かなり安価でスペックの高いテントを多く取り扱っており、かなり口コミもいいブランドなので個人的にはおすすめのブランドの1つです!


今回はそんな謎に包まれたブランドKAZOOのおすすめテントを紹介していこうと思います。

ツーリングドーム

ツーリングドームは、その名の通りツーリングにおすすめなコンパクトで軽量なテントです。


設営は難しい工程が無く、初心者でも説明書を見ながら10分掛からずに設営完了することができます。


フライに210Tリップストップポリエステルを採用しており、軽量でコンパクトにプラスで高い耐久性・耐水性・通気性に優れているので夏のじめじめした気候でも快適に過ごすことができるんです。


インナーは、広めで大人2人が横になってピッタリ位なので、荷物が多い人やフェス等では1人で使うことをおすすめします、


前室はあるのですが、別途購入できるポールを使うことで、キャノピーを作ることができ前室をさらに広く利用することができるので雨の中でも快適に過ごすことができるんです。


また、カラーも他には無いような珍しいカラーとなっており、老若男女関わらず使いやすいカラーとなっています!

kemuri

この他にイエローがあるのですがそちらも可愛いのですが虫が寄り付きそうなので個人的にはおすすめしません…。

ツーリングドーム
  • 耐水性:3000mm
  • タイプ:ドーム型
  • 収納サイズ:W50㎝xD15㎝xH15㎝
  • 設営時:W220cmxD140cmxH110cm
  • 重量: 3.9Kg
  • 定員:1~2人
  • 料金:9,899円

ツーリングテント

ツーリングテントは、ツーリングには勿論、バックパックキャンプにもおすすめなテントです。


設営は、特別難しい工程はないので、初心者でも10分掛からずに設営完了することができます。


フライには、210Tリップストップポリエステルを採用しているので、耐久性・耐水性に優れているので長く使っていけるテントです。


大きめの入り口が表と裏に2つあるので、体の大きな人でも入りやすくメッシュにもできるので通気性も抜群です!


インナーは、大人2人が横になりちょうどいいくらいなので、公式にあるようなファミリーで利用するということは難しいかと思います。


前室などは無いので、リビングが欲しい場合は、屋根がある場所に設営したり別途購入したタープと組み合わせたりするといいですよ!


カラーは2種類あり、グリーンとイエローがありどちらも他のブランドにはないカラー展開となっています。

ツーリングテント
  • 耐水性:3000mm
  • タイプ:ドーム型
  • 収納サイズ:W55㎝xD18㎝xH18㎝
  • 設営時:W208cmxD208cmxH134cm
  • 重量: 3.48Kg
  • 定員:1~2人
  • 料金:12,999円

ワンタッチテント

ワンタッチテントは、簡単に設営をすることができるテントです。


設営は、テントを広げて持ち上げるだけで設営完了することができるので初心者1人でも簡単に設営完了することができます。


生地に210Dオックスフォード布を採用しているので、耐久性と耐水性に優れており長く使っていけるテントです。


インナーは、大人2人が横になってピッタリくらいなので、公式にあるように3人横になるとかなり狭く感じてしまうと思います。


前室はないですが、ポールを使うことで広めのキャノピーを作ることができ、イスとテーブルを置いて過ごすくらいはできるスペースを確保することができるんです。


また、全面メッシュ窓にすることができるので、通気性にも優れている為じめじめした気候でも快適に過ごすことができますよ!

ワンタッチテント
  • 耐水性:3000mm
  • タイプ:ワンタッチ型
  • 収納サイズ:W89㎝xD16㎝xH16㎝
  • 設営時:W200cmxD200cmxH145cm
  • 重量: 5.4Kg
  • 定員:1~2人
  • 料金:13,999円

バックパックテント

バックパックテントは、コンパクト・軽量なバックパックにおすすめできるテントです。


設営は難しい工程が無いので、初心者でも10分ほどで設営完了することができます。


210Tリップストップポリエステル製の生地を利用しているので、耐久性・耐水性に優れている為、スペックの高い軽量防水テントです。


インナーは、1人で使うにはぴったりのサイズなのですが、公式にあるように2人横になるとかなり手狭に感じる為、個人的には荷物があることを考えるとソロでの利用をおすすめします。


また、前室があり、靴や荷物を置くことができ、小さめのテーブルを置くことで軽い調理スペースを作ることが可能です。


上部に通気口と前後の出入り口はメッシュになるため、通気性は抜群なので蒸し暑い夏でも利用することができるテントとなっています。

バックパックテント
  • 耐水性:3000mm
  • タイプ:ドーム型
  • 収納サイズ:W48㎝xD16㎝xH16㎝
  • 設営時:フライ(W210cmxD350cmxH100cm)・インナー(W210cmxD130cmxH100cm)
  • 重量: 2.4Kg
  • 定員:1人
  • 料金:37,291円
-----୨୧-----୨୧-----୨୧-----‎

まとめ

いかがでしょうか?


今回は、KAZOOのおすすめテントを紹介していきました。


みなさんの目に留まるテントはありましたか?


KAZOOのテントは、どれも耐久性・耐水性に優れており、どれもおすすめのテントとなっています!


海外の方ではかなり人気のブランドのテントで、Amazonでも海外の方の口コミが多くポジティブな口コミばかりです。


皆さんもKAZOOのテントを手にしてみてはいかがでしょうか?

著者プロフィール
kemuri