Amazonでお買い物する際のお助け支援サイト

検索

今人気のおすすめ電動歯ブラシ5選!魅力と選び方もまとめて解説

著者:
投稿日:

毎日の習慣として行う歯磨き。歯ブラシを動かしながら隅々まで磨かないといけません。そんな、手間のかかる歯磨きを快適にしてくれるアイテムが「電動歯ブラシ」です。自分で大きく動かさなくても、しっかりと歯を磨いてくれます。


しかし、「電動歯ブラシってなにを使ったらいいの?」「電動歯ブラシの魅力は?」と疑問を抱いている方がいるのではないでしょうか。


今回の記事では、おすすめの電動歯ブラシについて紹介します。毎日の歯磨きを快適にしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。


電動歯ブラシって?

電動歯ブラシとは、電力でブラシ部分を振動させてブラッシングするアイテムです。自分の手で動かさなくても良いので、手に負担がかかりにくいです。毎日の歯磨きを疲れずにできます。


また、電動歯ブラシは、歯磨きの技術がなくても使えます。磨きたい場所に持っていけば、自動的に磨いてくれるのです。いつものめんどくさい歯磨きを快適にしてくれるアイテムとなっています。


電動歯ブラシの魅力

電動歯ブラシの魅力を解説します。通常の歯ブラシと比較してみたい方は、確認しておきましょう。


電動歯ブラシの魅力
  • 腕や手にかかる負担が少ない
  • 歯磨きの時短ができる
  • 歯茎に優しい

それぞれの魅力を紹介します。


腕や手にかかる負担が少ない


電動歯ブラシは、腕や手にかかる負担が少ないです。通常の歯ブラシのように、上下左右に動かす必要がありません。磨きたい位置に持っていくだけで、歯を磨いてくれます。


朝の体がダルい状態や、夜の疲れた状態のときにあると便利です。手や腕の負担を少なくして、快適にブラッシングができます。


毎日の歯磨きを快適にしてくれるのが電動歯ブラシです。


歯磨きの時短ができる


電動歯ブラシを使えば、歯磨きの時短ができます。電気を使用して振動や回転をスムーズに行い、歯垢などの汚れを除去してくれます。手磨きでブラッシングするよりも効率的です。


手磨きで10分以上かかる方は、電動歯ブラシに変えれば5分で歯磨きが終わります。朝急がないといけない方におすすめです。歯磨きの時短に繋がって心に余裕が持てます。


歯茎に優しい


電動歯ブラシは、歯茎に優しいアイテムです。自動で回転や振動を行なってくれるので、自分が力を加える必要がありません。歯茎が弱い方でも安心して使えます。


電動歯ブラシを使う場合は、歯に軽くあてるだけで十分です。電動の力で優しく汚れを落としてくれます。歯茎に優しく口内の清潔を保てるのが、電動歯ブラシです。


電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシの選び方を紹介します。まだ購入をしたことがない方は、下記3つのポイントを参考にしてみましょう。


電動歯ブラシの選び方
  • 駆動方式に注目する
  • 電源方式をチェックする
  • お手入れにしやすさで選ぶ

それぞれの選び方のポイントを詳しく解説します。


駆動方式に注目する


電動歯ブラシを選ぶ際は、駆動方式に注目して選ぶようにしましょう。振動式と回転式、音波式の3種類があります。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて、自分に合ったものを選ぶのがポイントです。


振動式の電動歯ブラシは、ブラシを振動させて歯を磨きます。歯や歯茎への負担が少なく、優しく磨き上げられる駆動方式です。優しい反面、歯垢除去力が弱いタイプとなっています。


回転式は、ブラシを回転させて汚れ落とします。歯垢を絡め取ってくれるので、汚れをしっかり落としたい方におすすめです。しかし、歯や歯茎に負担がかかりやすいので、選ぶ際は注意しましょう。


音波式は、音波振動を起こして汚れを落とすタイプです。ブラシがあたりにくい隅々の部分まで、気泡や水流が行き届いてアプローチしてくれます。価格が少し高くなってしまうのが、音波式のデメリットです。


電源方式をチェックする


電源方式もチェックしてみると良いです。電池式と充電式の2種類が存在します。


電池式の電動歯ブラシは、乾電池を挿入して使います。デザインがシンプルなものが多く、サイズもコンパクトです。外出や出張でも持ち運びやすくなっています。


充電式は、充電器で給電をして使用します。乾電池を変えたり、購入したりする手間がないのでおすすめです。自宅での使用を考えている方は、充電式の電動歯ブラシを選ぶと良いでしょう。


お手入れにしやすさで選ぶ


お手入れのしやすさも重視して選ぶようにしましょう。丸洗いできる電動歯ブラシだと、本体を清潔に保てます。口内を綺麗にするアイテムなので、丸洗いができるかは重要なポイントです。


また、ブラシを替えやすい電動歯ブラシもおすすめです。時間がない朝でもスムーズに変えられます。


いつまでも清潔に扱うためにも、お手入れのしやすさを重視するようにしましょう。


おすすめの電動歯ブラシ5選!

おすすめの電動歯ブラシを5つ紹介します。「なにを選べばいいのかわからない」と困っている方は、下記で紹介するアイテムを確認してみてください。


おすすめの電動歯ブラシ5選!
  • オムロン(OMRON) 電動歯ブラシ
  • Bryxze 音波歯ブラシ
  • ブラウン(Braun) オーラルB
  • フィリップス(Philips) ソニックケアー
  • パナソニック(Panasonic) 電動歯ブラシ

上記5つの魅力を解説します。


オムロン(OMRON) 電動歯ブラシ

おすすめポイント
  • 3種類の毛先が搭載
  • 約2.5ヶ月使える
  • 音波振動で効率が良い

オムロンの電動歯ブラシは、電池式のアイテムです。1回電池を挿入すれば、約2,5ヶ月間使い続けられます。交換頻度も少ないので、電池交換の手間もかかりません。


18,000回/分の音波振動を発し、ブラシが届かない部分の汚れを落としてくれます。磨き残しを防ぎたい方におすすめのモデルです。隅々まで余すところなく磨くことができます。


電池式のモデルをお探しの方は、オムロンの電動歯ブラシを選びましょう。


あつ

3種類の毛先が付いていて効果的に歯垢を取り除いてくれます!


Bryxze 音波歯ブラシ

おすすめポイント
  • 高速振動で歯垢を除去
  • オートタイマー機能搭載
  • 8つの替えブラシ付き

Bryxzeの音波歯ブラシは、高速振動で歯垢を除去してくれます。その振動数は毎分40,000回ほどです。歯垢除去力に長けていて、歯磨きの時間も短縮してくれます。効果的かつ効率的に歯磨きができるアイテムです。


また、オート機能も搭載されています。30秒ごとに振動を一時停止してくれたり、2分間の使用で自動停止してくれたりする機能です。歯の磨き過ぎを防いでくれます。


コスパに優れたモデルをお探しなら、Bryxzeの電動歯ブラシがおすすめです。


あつ

お買い得な8つの替えブラシが付いています!


ブラウン(Braun) オーラルB

おすすめポイント
  • 歯垢を物理的にこすり取る
  • 2つのクリーンモード搭載
  • 世界の歯科医師推奨

ブラウンのオーラルBは、回転式の電動歯ブラシです。丸型回転ブラシが歯にアプローチし、歯垢を物理的にこすり取ってくれます。手磨きと比較して99.7%歯垢除去力がアップしているそうです。


オーラルBには、2つのクリーンモードが搭載されています。クリーンモードとやわらかクリーンの2種類です。基本のブラッシングから、優しいクリーニングまで対応しています。


しっかりと歯垢を除去したい方は、ブラウンのオーラルBを使ってみてください。


あつ

オーラルBは世界の歯科医師推薦NO1の電動歯ブラシです!


フィリップス(Philips) ソニックケアー

おすすめポイント
  • 2分で歯磨きができる
  • 過圧防止センサー機能搭載
  • たたき浮かして汚れを除去

フィリップスのソニックケアーは、効率的な歯磨きを可能にしてくれるアイテムです。毎分約31,000回のストロークを行なってくれます。2分間使えば、手磨きの1ヶ月間に相当するほどです。磨きたい箇所にあてるだけで、素早く歯磨きができます。


ソニックケアーには、過圧防止センサー機能が搭載されています。ブラシにかかった圧が強かった場合、パルス音を発してくれる機能です。歯と歯茎に優しく磨き上げられます。


毎日の歯磨きをスピーディーに行いたい方には、フィリップスのソニックケアーがおすすめです。


あつ

ソニックケアーはたたき浮かして汚れを除去してくれます!


パナソニック(Panasonic) 電動歯ブラシ

おすすめポイント
  • ヨコ磨きで歯垢を除去
  • 奥まで届く形状
  • 専用アプリで歯磨きをサポート

パナソニックの電動歯ブラシは、歯科医師推奨の「ヨコ磨き」を再現したモデルです。歯周ポケットに溜まっている汚れも、しっかりと掻き出してくれます。歯周病の原因までも除去してくれるアイテムです。


電動歯ブラシのヘッド・ネック部分の形状が、薄くて細くなっています。形状がコンパクトなので、奥歯まで届きやすいです。全ての歯をきれいに磨ける電動歯ブラシとなっています。


歯垢やステインを徹底的に除去したい方は、パナソニックの電動歯ブラシを使いましょう。


あつ

専用アプリが日々のブラッシングをサポートしてくれます!


まとめ

歯磨きを快適にしてくれる電動歯ブラシ。腕や手に負担が少なく、時短ができるのでおすすめです。歯や歯茎に優しいのも、電動歯ブラシを使うメリットとなっています。


電動歯ブラシを選ぶ際は「駆動方式」「電源方式」「お手入れのしやすさ」に注目して選んでみてください。自分に合ったものを見つけ出すことができます。


歯磨きに電動歯ブラシを使い、歯のブラッシングを快適なものにしてみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール
あつ

Webライターとブログで活動してる「あつ」です。美容師⇨工場の作業員 | 副業でWebライターとブログ。ユーザーの悩みを解決する記事を執筆します。

Twitter:@Atsuhi0101